剣道上達!梶谷彪雅 公式サイト

剣道の完璧な防御技術をマスターしよう!体全体を使ったディフェンス方法

Facebook
Twitter
LinkedIn
剣道の完璧な防御技術をマスターしよう!体全体を使ったディフェンス方法

Photo by Yuichi

今回は、「剣道の完璧な防御技術をマスターしよう!体全体を使ったディフェンス方法」というテーマでお話したいと思います。

今回の記事は、この記事では、剣道における反復練習の重要性と、脳科学に基づいた革新的トレーニング方法について解説します。剣道の技術向上を目指す方々に、体の使い方と不規則な動きに対応する練習法を提案します。

こんにちは、世界中で剣道を広めることを目指している剣道家、梶谷彪雅です!剣道の魅力をYouTubeで発信したり、講演会を開いたり、指導にも力を入れています。

今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#剣道世界普及を目指す梶谷彪雅の雑談ラジオ」で2024年5月14にお話しした内容から、編集して紹介させていただきます。

今回の記事を音声で楽しみたい方はこちら

Voicyスポンサーのお問い合わせについて

梶谷の剣道世界普及を応援してくれる方を募集しています。
剣道普及活動にしっかり役立てますので、以下のリンクからご応募をお願いいたします。

Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

剣道の完璧なディフェンス技術を学ぶ

剣道で学ぶ完璧なディフェンスの技術

効果的な足の使い方:基本から応用まで

まず、剣道では足を使わずに体全体の使い方を理解することが重要です。特に、避け方に注意してください。手だけで避ける方法は避けるべきです。なぜなら、足で避けずに手だけで対応すると、必ずどこかに隙が生じます。

手を使った防御の極意:小手から面への応用

手だけでなく、足も使うことが重要です。例えば、手だけで面を避けると、小手や逆面などがガラ空きになります。これにより、突き技も狙えます。さらに、小手を隠すことで、面や逆面、突き技が狙いやすくなります。

体全体の調和と動きで守る:高度なディフェンス戦略

体全体を使っての防御技術と、さばく動作のタイミングを理解することが不可欠です。過度にさばかないようにし、手、足、体全体をうまく使って、攻撃を受け流しましょう。例えば、小手を打った後に上半身でさばいて戻ることができますが、打たれる部分が首や肩になることが多いので注意が必要です

剣道において完璧なディフェンスを目指すには、日常的な練習が不可欠です。足でさばく、手でさばく、そして体でさばくという3つのポイントを常に意識してください。

以上、剣道の完璧なディフェンス方法についてお話ししました。それでは、今日も一生懸命頑張ってください。バイバイ。

剣道ディフェンス技術のまとめ

剣道のディフェンス技術のまとめ

剣道における完璧なディフェンス技術を身につけることは、試合での成功に直結します。ここでは、そのメリットとデメリットをまとめてみました。

  • メリット:
    • 攻撃を効果的に防ぐことができる。
    • 隙を最小限に抑え、相手の技を制御下に置く。
    • 体全体を使った動きで、より多くの技を自然に避けることが可能。
  • デメリット:
    • 高度な技術が要求されるため、習得までに時間がかかる。
    • 過度に防御に重点を置くと、攻撃の機会を逃すことがある。

剣道のディフェンス技術を練習することで、次のような利点があります。足、手、体全体を使ってしっかりと防御することで、どんな攻撃にも対応できるようになります。しかし、技術の習得には根気よく練習を重ねる必要があります。練習を積み重ねることで、試合での自信と技術が向上し、より優れた剣士へと成長することができます。

オリジナル竹刀「彪雅」

『彪雅シリーズ』-『握り』と『右手小判』の独特な設計であなたの剣道を次のレベルへ導く

講演会/個人レッスンの受付を開始!

目標をイメージし、稽古して成長する。梶谷彪雅の直接指導で剣道を変える!

講演会/個人レッスンの詳細はこちら!

参加者一人ひとりのレベルや目標に合わせた指導をします。お問い合わせも受け付けています。
講演会/個人レッスンお問い合わせ

梶谷へのご支援をお願いします!

私は剣道の魅力を広めるためにYouTube活動を行っています。

また、講演会などを通じて、地域の剣道活動や支援にも取り組んでいます。

このような活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、ご支援をお願いします

 Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

是非、Voicyのスポンサーとなり、一緒に剣道を盛り上げて頂きたいと思います。

これからも、より良い配信を行えるように頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

Facebook
Twitter
LinkedIn

NEWS

最新ニュースやイベント情報を紹介します

上部へスクロール