剣道上達!梶谷彪雅 公式サイト

宮本敬太選手の剣道キャリア:全国大会から世界大会へ

Facebook
Twitter
LinkedIn
宮本敬太選手の剣道キャリア:全国大会から世界大会へ

今回は、「宮本敬太選手の剣道キャリア:全国大会から世界大会へというテーマでお話したいと思います。

今回の記事は、宮本敬太選手の全国大会から世界大会までの剣道キャリアを紹介。結城尚武館での修行、高校・大学での成果、そして技術と精神力の秘密を深掘りします。

こんにちは、世界中で剣道を広めることを目指している剣道家、梶谷彪雅です!剣道の魅力をYouTubeで発信したり、講演会を開いたり、指導にも力を入れています。

今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#剣道世界普及を目指す梶谷彪雅の雑談ラジオ」で2024年6月12にお話しした内容から、編集して紹介させていただきます。

今回の記事を音声で楽しみたい方はこちら

Voicyスポンサーのお問い合わせについて

梶谷の剣道世界普及を応援してくれる方を募集しています。
剣道普及活動にしっかり役立てますので、以下のリンクからご応募をお願いいたします。

Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

 

宮本敬太選手の剣道キャリア:全国大会から世界大会へ

本日のテーマは、第10回世界大会と第19回世界大会を盛り上げるため、宮本敬太選手についてご紹介します。

結城尚武館での剣道の始まり

宮本選手は茨城県の結城尚武館で剣道を始めました。
結城尚武館は全国でも有名な強豪道場であり、小学校と中学校の部で全国優勝者を輩出しているほどの実績があります。

そんな強豪道場で育った宮本選手の活躍を詳しく見ていきましょう。

小学校時代の全国道連での活躍

宮本選手は小学校4年生で全国道連に初出場し、翌年も連続出場、さらには3位という素晴らしい成績を残しています。

6年生では全国優勝候補として期待され、準々決勝で久田松選手に勝利。

しかし、準決勝で梅ケ谷選手に惜しくも敗れ、2年連続3位という悔しい結果となりました。

全国大会の強豪揃い

この年の全国大会は強豪揃いで、
佐々木選手、久田松選手、勇大地選手、真田選手、梅ケ谷選手など、錚々たるメンバーが揃っていました。

6年生の部では佐々木陽一郎選手が優勝しました。

中学校での飛躍

中学では総和中学校に進学し、中学3年生の全国大会で準決勝では久田松選手を下し、決勝で勇選手と対戦しました。

この試合は、多くの人が記憶に残っている伝説の一戦です。

試合開始からわずか数秒で宮本選手と勇選手が次々と技を決め合い、日本一が決まるまでわずか6〜7秒という衝撃的な展開でした。

この試合は「勇vs宮本剣道」で検索するとすぐに見つかるので、ぜひご覧ください。

高校時代の挑戦「水戸葵陵高校に進学」

高校は水戸葵陵高校に進学し、中学2年生の2009年にはインターハイで団体優勝を果たしました。

高校1年生の時には、夏の玉竜旗で先鋒として5人抜きを達成し、計10人抜きを成し遂げました。

強豪校で1年生からレギュラーになるのは非常に難しいことですが、宮本選手は見事にその期待に応えました。

インターハイでの激闘

2年生では、インターハイ個人戦で高倉選手が優勝し、宮本選手は全中団体、全中個人優勝した中根悠也選手とともにさらに活躍を続けました。

3年生では九州学院との予選で真田選手に敗れ、個人戦では佐々木陽一郎選手に敗退しベスト8という結果でしたが、その年の大会も非常にハイレベルでした。

大学での挑戦「国士舘大学へ進学」

大学は国士館大学に進学し、2年生で関東大会3位、全日本学生ベスト8、新人戦では大将として準々決勝で中央大学に敗れました。

3年生では関東大会決勝で中央大学に敗れましたが、全勝という結果でした。

全日本選手権での激闘

大学3年生では全日本選手権予選を突破し、初出場で次々と強敵を倒し、準決勝で神奈川県警の勝美選手と対戦しました。

この試合も非常に印象深く、飛び込む面が決まるなど、見事な技を見せました。惜しくもベスト4でしたが、その年の全日本選手権でも出場し続けました。

宮本敬太選手の技術と精神力

ここまでの活躍で、宮本選手の技術と精神力がどれほど優れているかがわかります。

全日本都道府県大会でも大活躍し、優勝しました。宮本選手の長身から繰り出される技や、その果敢な戦いぶりは圧巻です。

第19回世界選手権への期待

剣道の美しさと力強さを兼ね備えた宮本選手の今後の活躍にも期待が高まります。

特に第19回世界選手権での彼のパフォーマンスには大いに注目したいところです。

本日は宮本敬太選手について紹介しました。彼の試合は必見ですので、ぜひチェックして、彼の技を学んでみてください。

皆様にとって最高の一日になりますように。では、また次回お会いしましょう。バイバイ!

まとめ

宮本敬太選手の剣道キャリアを通じて、多くのことを学びました。ここでは、その概要とメリット・デメリットを箇条書きでまとめます。

概要

  • 宮本敬太選手の小学校から大学までの剣道の歩み
  • 全国大会、インターハイ、全日本選手権での活躍
  • 宮本選手の技術と精神力、特に第19回世界選手権への期待

メリット

  • **宮本敬太選手の試合を通じて技術を学べる**
  • **剣道の精神力や戦略を理解できる**
  • **全国大会や世界大会のレベル感がわかる**

デメリット

  • 宮本選手のような高いレベルの技術を真似するのは難しい
  • 試合の映像や情報をすべて手に入れるのが難しい場合がある
  • 剣道の専門用語や試合形式に慣れていないと理解しづらい部分がある

ぜひ、宮本敬太選手の試合をチェックして、彼の技術を学び、自分の剣道に取り入れてみてください。皆様にとって最高の剣道ライフを応援します!

オリジナル竹刀「彪雅」

『彪雅シリーズ』-『握り』と『右手小判』の独特な設計であなたの剣道を次のレベルへ導く

講演会/個人レッスンの受付を開始!

目標をイメージし、稽古して成長する。梶谷彪雅の直接指導で剣道を変える!

講演会/個人レッスンの詳細はこちら!

参加者一人ひとりのレベルや目標に合わせた指導をします。お問い合わせも受け付けています。
講演会/個人レッスンお問い合わせ

梶谷へのご支援をお願いします!

私は剣道の魅力を広めるためにYouTube活動を行っています。

また、講演会などを通じて、地域の剣道活動や支援にも取り組んでいます。

このような活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、ご支援をお願いします

 Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

是非、Voicyのスポンサーとなり、一緒に剣道を盛り上げて頂きたいと思います。

これからも、より良い配信を行えるように頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

Facebook
Twitter
LinkedIn

NEWS

最新ニュースやイベント情報を紹介します

上部へスクロール