剣道上達!梶谷彪雅 公式サイト

剣道の攻め技術をマスターする!役立つ戦略と心理的アプローチ

Facebook
Twitter
LinkedIn
剣道の攻め技術をマスターする!役立つ戦略と心理的アプローチ

Photo by Yuichi

今回は、「剣道の攻め技術をマスターする!役立つ戦略と心理的アプローチ」というテーマでお話したいと思います。

今回の記事は、剣道での攻め方を学びたい方必見!プロ剣道家梶谷彪雅が、フェイント技、心理的アプローチを交えた実効的な攻めのテクニックを解説。剣道の技術を次のレベルへと引き上げるための戦略を紹介します。

こんにちは、世界中で剣道を広めることを目指している剣道家、梶谷彪雅です!剣道の魅力をYouTubeで発信したり、講演会を開いたり、指導にも力を入れています。

今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#剣道世界普及を目指す梶谷彪雅の雑談ラジオ」で2024年4月29にお話しした内容から、編集して紹介させていただきます。

今回の記事を音声で楽しみたい方はこちら

Voicyスポンサーのお問い合わせについて

梶谷の剣道世界普及を応援してくれる方を募集しています。
剣道普及活動にしっかり役立てますので、以下のリンクからご応募をお願いいたします。

Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

剣道における「攻め」の真髄:テクニックと心理戦

剣道における「攻め」の真髄:テクニックと心理戦

攻めの基本理念と効果的なテクニック

今日は、「攻めって何?」というテーマで話を進めたいと思います。「攻め」とは、実際に理解が難しい概念です。この考え方が分かっても実行できない人が多いため、どうすれば実行できるかを一緒に考えてみましょう。

皆さんは「攻め」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?講演会や稽古会で質問すると、多くの人が「竹刀を押さえる」「前に入る」「実際に技を打つ」と答えます。これらの動作が必ずしも間違っているわけではありませんが、それが本当に「攻め」になるのかという点が非常に重要です。

例えば、相手が怖くないような距離から技を打つと、その技は相手にとって全く怖くないかもしれません。しかし、一足一刀の間合いより少し近づいた位置で押さえたり、技を出したりすると、相手は怖さを感じるかもしれません。この「相手が怖いと感じる瞬間」こそが、真の「攻め」です。

心理的アプローチを利用した戦略

全国大会でよく用いられるのは、「引き面を見せてから再度引き面を打つ」や「逆動を見せてから面を打つ」というフェイント技です。これらの技により、相手は自分が危険にさらされていると感じ、その感覚が「攻め」につながります。

相手の心を攻めることが重要です。ただ前に進むだけ、避けるだけでは、相手にとっては何の脅威もなく、恐怖を感じることはありません。相手の「心」とは、感情や考え方の部分です。これを理解し、相手が本当に危険だと感じるような攻めを目指すべきです。

稽古での応用方法と実践ティップス

稽古でこの「攻め」の技術をどのように取り入れ、効果的に使うかが鍵となります。具体的な練習方法として、実際に間合いを詰めてみたり、さまざまなフェイントを組み込んでみたりすることが効果的です。

自分の技が相手にとって本当に恐ろしいものになっているかを常に自問自答しながら稽古を行うことで、技術が向上します。今日の話を活かして、さらに練習に励んでください。

それでは、今日も皆さんにとって最高の一日になりますように。またね、バイバイ。

剣道における「攻め」の真髄:テクニックと心理戦のまとめ

剣道「攻め」技術の重要性とその効果的な応用

この記事では、剣道における「攻め」の技術について詳しく説明しました。以下は、その概要とメリット、デメリットをまとめたものです。

要点のまとめ

  • 「攻め」とは:相手が恐怖を感じる瞬間を作り出すこと。
  • フェイント技の利用:相手を惑わせ、実際に攻める際の心理的アドバンテージを得る。
  • 心理的アプローチ:相手の感情や考え方を理解し、それを利用して攻める。
  • 稽古の応用:実践的な稽古を通じて、攻めの技術を磨く。

メリット

  • 相手に圧倒的なプレッシャーを与えることができる。
  • 試合での優位性を確保しやすくなる。
  • 心理的にも技術的にも成長する機会が増える。

デメリット

  • 高度な心理戦と技術が求められるため、初学者には難しい場合がある。
  • 過度な攻めが反則や違反を引き起こすリスクがある。

以上の点を理解し、稽古に励むことで、剣道の「攻め」の技術を習得し、試合でのパフォーマンスを向上させることができるでしょう。毎日の稽古にこれらのポイントを取り入れて、さらに技術を磨いていきましょう。

オリジナル竹刀「彪雅」

『彪雅シリーズ』-『握り』と『右手小判』の独特な設計であなたの剣道を次のレベルへ導く

講演会/個人レッスンの受付を開始!

目標をイメージし、稽古して成長する。梶谷彪雅の直接指導で剣道を変える!

講演会/個人レッスンの詳細はこちら!

参加者一人ひとりのレベルや目標に合わせた指導をします。お問い合わせも受け付けています。
講演会/個人レッスンお問い合わせ

梶谷へのご支援をお願いします!

私は剣道の魅力を広めるためにYouTube活動を行っています。

また、講演会などを通じて、地域の剣道活動や支援にも取り組んでいます。

このような活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、ご支援をお願いします

 Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

是非、Voicyのスポンサーとなり、一緒に剣道を盛り上げて頂きたいと思います。

これからも、より良い配信を行えるように頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

Facebook
Twitter
LinkedIn

NEWS

最新ニュースやイベント情報を紹介します

上部へスクロール