剣道上達!梶谷彪雅 公式サイト

剣道における手元の位置:上げるべきか否か?

Facebook
Twitter
LinkedIn
剣道における手元の位置:上げるべきか否か?

Photo by Yuichi

今回は、剣道における手元の位置:上げるべきか否か?というテーマでお話したいと思います。

今回の記事は、剣道において「手元を上げるべきか否か」についての詳細な議論。プロ剣道家梶谷彪雅が技術的指導、練習方法、試合戦略について解説します。剣道の技術向上に役立つ情報を提供。

こんにちは、世界中で剣道を広めることを目指している剣道家、梶谷彪雅です!剣道の魅力をYouTubeで発信したり、講演会を開いたり、指導にも力を入れています。

今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#剣道世界普及を目指す梶谷彪雅の雑談ラジオ」で2024年4月23にお話しした内容から、編集して紹介させていただきます。

今回の記事を音声で楽しみたい方はこちら

Voicyスポンサーのお問い合わせについて

梶谷の剣道世界普及を応援してくれる方を募集しています。
剣道普及活動にしっかり役立てますので、以下のリンクからご応募をお願いいたします。

Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

剣道での手元の位置:上げるべきか、それとも下げるべきか?

剣道での手元の位置:上げるべきか、それとも下げるべきか?

手元を上げるメリットとデメリット

本日のテーマは、「手元を上げるか上げないか」というものです。これについてお話しします。多くの人が「手元を上げない方が良い」と考えますが、八田先生によると、特に身長が低い場合、手元を下げておくことが推奨されます。しかし、打たれやすくなるリスクもあります。そのため、足さばきでの対応が非常に重要です。特に若い剣道家にとっては、相手が打てると思った瞬間にすぐに技を出すべきです。

年齢層による技術の違いとその対応策

年代によって、手元の位置に対する考え方が変わります。若い剣道家は柔軟性があり、すぐに技を出すことに集中するべきです。年を取ると、手元を意識せずとも自然と適切な位置に保つことができるようになります。この適応は経験によって培われるものです

実戦での手元の適切な使い方

実際の試合では、練習とは異なる圧力があります。練習では手元を上げないように意識することが一般的ですが、試合では手元が自然と上がることがあります。そのため、試合では手元の位置を意識せずに、自分の技を出すタイミングを最優先に考えることが重要です。試合においては、柔軟に対応する能力が試されます

本日は「手元を上げるか上げないか」というテーマでお話ししました。自分の剣道スタイルに合わせて頑張りましょう。皆様にとって最高の一日になることを願っています。それでは、また。

剣道での手元の位置:まとめ

剣道での手元の位置についてのまとめ

今回の議論では、剣道における手元の位置がパフォーマンスに及ぼす影響について深く掘り下げました。剣道家がどのようにして手元の位置を調整すべきか、そのメリットとデメリットを明確に理解することは、技術向上に不可欠です。

  • メリット:
    • 手元を上げることで、より速く反応しやすくなる場合があります。
    • 若い剣道家は、反射的に技を出す訓練に集中することができます。
  • デメリット:
    • 手元を意識しすぎると、技の発動が遅れることがあります。
    • 試合中に手元が自然と上がることを過度に抑制すると、本来のパフォーマンスが発揮できないことがあります。

最終的に、剣道家が自身のスタイルと相手に応じて手元の位置を適切に調整することが、技術向上と試合での成功につながります。年齢や経験に応じて手元の位置を自然に制御する能力を培うことが、剣道において非常に重要です。

この記事が皆様の剣道技術向上に役立つ情報を提供できたことを願います。引き続き、練習に励み、自分に合った技術の習得に努めてください。

オリジナル竹刀「彪雅」

『彪雅シリーズ』-『握り』と『右手小判』の独特な設計であなたの剣道を次のレベルへ導く

講演会/個人レッスンの受付を開始!

目標をイメージし、稽古して成長する。梶谷彪雅の直接指導で剣道を変える!

講演会/個人レッスンの詳細はこちら!

参加者一人ひとりのレベルや目標に合わせた指導をします。お問い合わせも受け付けています。
講演会/個人レッスンお問い合わせ

梶谷へのご支援をお願いします!

私は剣道の魅力を広めるためにYouTube活動を行っています。

また、講演会などを通じて、地域の剣道活動や支援にも取り組んでいます。

このような活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、ご支援をお願いします

 Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

是非、Voicyのスポンサーとなり、一緒に剣道を盛り上げて頂きたいと思います。

これからも、より良い配信を行えるように頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

Facebook
Twitter
LinkedIn

NEWS

最新ニュースやイベント情報を紹介します

上部へスクロール