剣道上達!梶谷彪雅 公式サイト

剣道の持久力向上術:試合で疲れないための練習法

Facebook
Twitter
LinkedIn
剣道の持久力向上術:試合で疲れないための練習法

Photo by Yuichi

今回は、剣道の持久力向上術:試合で疲れないための練習法というテーマでお話したいと思います。

今回の記事は、剣道の持久力を向上させるための効果的な練習方法について解説します。試合で疲れにくい体を作るための具体的なトレーニングプログラムやテクニックを提供し、剣道のパフォーマンス向上に貢献します。

こんにちは、世界中で剣道を広めることを目指している剣道家、梶谷彪雅です!剣道の魅力をYouTubeで発信したり、講演会を開いたり、指導にも力を入れています。

今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#剣道世界普及を目指す梶谷彪雅の雑談ラジオ」で2024年4月26にお話しした内容から、編集して紹介させていただきます。

今回の記事を音声で楽しみたい方はこちら

Voicyスポンサーのお問い合わせについて

梶谷の剣道世界普及を応援してくれる方を募集しています。
剣道普及活動にしっかり役立てますので、以下のリンクからご応募をお願いいたします。

Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

剣道で持久力を向上させるトレーニング方法

持久力が試合のパフォーマンスに与える影響

剣道では、試合で長時間動き続ける持久力が非常に大事です。 試合と同じような練習をすることで、実際の試合でのパフォーマンスが向上します。 長距離ランニングやインターバル走で体力を高めようとしても、剣道の稽古で「うわ、きつい」と感じることが多いですね。 この理由は、 剣道の練習と普通の体力トレーニングが異なるからです。 剣道では声を出しながら動くため、疲労感が全く異なります。

日常トレーニングで取り入れたい剣道練習法

剣道のトレーニングでは、インターバル走をしながら声を出すことが効果的です。 これにより、剣道の動きに近い形で体力を鍛えることができます。 また、特にふくらはぎがつりやすい方向けに、中学校・高校時代に行っていた練習法も共有します。

中学時代は、練習から足を止めないようにしていました。 例えば、素振りの際も前後に動き、その後踏み込みの練習と追い込みの練習を行い、30分から40分間ひたすら足を使い続けます。 ジグザグという練習では、コートの幅くらい離れて立ち、1人ずつ面を打ちながらジグザグに進んでいきます。

引き技の練習では、3人1組で5本ずつ面を打ちますが、打っている間も常に足を使い続けます。 このように常に足を使い続ける練習をしていたので、試合で足が動かなくなることはほとんどありませんでした。

身体的強化のための補助トレーニング

高校時代も、かかり稽古が1時間あったりし、試合が4分あるため、4分間動き続ける練習をしていました。 試合は2試合の予選と4試合の決勝リーグがあるため、合計6セットの練習を行い、さらに延長も想定して円の足さばきや大行戦を含めることで、30分以上の足の練習をしていました。 このような剣道の動きを含めた練習により、ふくらはぎがつって動きづらくなることも減少しました。

ラダートレーニングやジャンプ系のトレーニングも取り入れることで、より瞬発的な動きが求められる場面での対応が可能になります。 これらのトレーニングは、中学校・高校時代も実践していたものです。

試合後半でも疲れずに持久力を維持できるように、ぜひトレーニングを積んでください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 次回もよろしくお願いします。

まとめ:剣道での持久力向上には、試合と同じ状況を模倣する練習が必須です。ここで紹介した練習法を実践することで、試合中に疲れにくい体を作り上げることができます。以下に、練習のメリットとデメリットをまとめました。

  • メリット:
    • 試合の持久力が向上し、長時間の試合でもパフォーマンスが保たれる。
    • 実際の試合での疲労感を減らすことができる。
    • 足の使い方が改善され、より機敏な動きが可能になる。
  • デメリット:
    • 練習の強度が高く、初期の段階では体への負担が大きい。
    • 適切な休息や回復の時間が必要で、練習計画をしっかり管理する必要がある。

効果的なトレーニングの実施には、剣道の技術だけでなく、体力の向上にも注力することが重要です。 今回紹介したトレーニング方法を取り入れ、剣道のスキルだけでなく、体全体のコンディションを整えることで、試合での持久力を大きく向上させることができるでしょう。次回の練習時にこれらのポイントを意識してみてください。

ありがとうございました。引き続き、剣道のトレーニングにお役立てください。

オリジナル竹刀「彪雅」

『彪雅シリーズ』-『握り』と『右手小判』の独特な設計であなたの剣道を次のレベルへ導く

講演会/個人レッスンの受付を開始!

目標をイメージし、稽古して成長する。梶谷彪雅の直接指導で剣道を変える!

講演会/個人レッスンの詳細はこちら!

参加者一人ひとりのレベルや目標に合わせた指導をします。お問い合わせも受け付けています。
講演会/個人レッスンお問い合わせ

梶谷へのご支援をお願いします!

私は剣道の魅力を広めるためにYouTube活動を行っています。

また、講演会などを通じて、地域の剣道活動や支援にも取り組んでいます。

このような活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、ご支援をお願いします

 Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

是非、Voicyのスポンサーとなり、一緒に剣道を盛り上げて頂きたいと思います。

これからも、より良い配信を行えるように頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

Facebook
Twitter
LinkedIn

NEWS

最新ニュースやイベント情報を紹介します

上部へスクロール