剣道上達!梶谷彪雅 公式サイト

剣道における視覚と聴覚の力 ― 梶谷彪雅が解説するコミュニケーションの秘密

Facebook
Twitter
LinkedIn
剣道における視覚と聴覚の力 ― 梶谷彪雅が解説するコミュニケーションの秘密

Photo by Yuichi

今回は、剣道における視覚と聴覚の力 ― 梶谷彪雅が解説するコミュニケーションの秘密というテーマでお話したいと思います。

今回の記事は、剣道家梶谷彪雅がメラビアンの法則を用いて、視覚と聴覚がコミュニケーションにおいてどれだけ重要であるかを解説します。剣道と日常生活での応用を学び、コミュニケーション能力を高めましょう。

こんにちは、世界中で剣道を広めることを目指している剣道家、梶谷彪雅です!剣道の魅力をYouTubeで発信したり、講演会を開いたり、指導にも力を入れています。

今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#剣道世界普及を目指す梶谷彪雅の雑談ラジオ」で2024年4月18にお話しした内容から、編集して紹介させていただきます。

今回の記事を音声で楽しみたい方はこちら

Voicyスポンサーのお問い合わせについて

梶谷の剣道世界普及を応援してくれる方を募集しています。
剣道普及活動にしっかり役立てますので、以下のリンクからご応募をお願いいたします。

Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

 

梶谷彪雅が解説:剣道における視覚と聴覚の重要性

メラビアンの法則とその剣道への適用

今日は、視覚聴覚、言語の内容情報の中で、どれが最も大事なのかというテーマでお話しします。 これはメラビアンの法則として知られていますが、視聴覚と言語内容のどれが一番重要かを理解することは、剣道の指導や仕事に役立つ情報です。このことを意識するだけで、生活が変わると思います。

視覚情報の力:印象と反応を形成する

視覚情報、聴覚情報、言語内容、どれが重要かイメージしてみてください。実は最も重要なのは視覚情報で、55%を占めています。 次に大切なのが聴覚情報で、耳からの情報が38%です。そして、言語内容が7%です。 視覚情報は、初対面での顔の表情や服装などが大切です。視覚情報が占める割合は55%で、喋る内容と全く印象が違うことに気付かされます

聴覚情報の役割:コミュニケーションを深める

YouTubeで話した内容を覚えていますか?と尋ねた時に、多くの人が覚えていないのは、言語の内容情報が頭に入りにくいからです。7%しか記憶に残らないという事実があります。 だから、見た目が重要で、聴覚情報、声のトーンが非常に大事です。 剣道の指導や仕事においても、見た目が半分以上を占めていますだから、笑顔で明るく仕事に取り組んでください。 そうすれば、「今日はどうしたの?」と言われるほど、明るい印象を与えることができます。 笑いながら叱る場合、笑っている表情が視覚情報として優先されるため、怒った表情で褒めると、納得がいっていない表情が強調され、褒められていると感じにくいです。 非言語のコミュニケーション能力、つまり、表情や声のトーンでコミュニケーションをとることが非常に重要です。 海外で英語が分からない時も、興味がなさそうな表情をすると、話しかけられないことが多いです。しかし、前向きな姿勢でニコニコしながら聞いていると、相手は積極的に話してくれます。 これがメラビアンの法則です。見た目の印象が良ければ、話の内容をあまり気にしなくても、声のトーンや話のテクニックが重要です。 今日は特に元気よく話していますが、いつもの放送と比べてどうでしょうか? 生放送やライブ放送では、声のトーンが低くなることが多く、集客が難しいです。ですので、声のトーンを自在に操れるようになると良いでしょう。 これからも、トーク力を磨きながら、剣道にも一生懸命取り組んでいきたいと思います。 もし、この話が気に入ったら、SNSで拡散していただけると大笑いしますので、ぜひよろしくお願いいたします。今日も元気よく楽しく過ごしましょう。 それでは、皆様にとって最高の一日になりますように。 では、またね。バイバイ。   剣道における視覚と聴覚の重要性のまとめ

剣道における視覚と聴覚の重要性のまとめ

このブログでは、剣道のコミュニケーションにおける視覚と聴覚の役割を掘り下げました。以下、主要なポイントの概要とそれぞれのメリット、デメリットをまとめてみます。

主要なポイントの概要

  • メラビアンの法則の適用:非言語コミュニケーションが剣道や日常生活において重要。
  • 視覚情報の重要性:視覚が占める情報の割合は55%で、対人印象や行動への影響が大きい。
  • 聴覚情報の効果:声のトーンや情報の伝達効果が38%を占め、聞き手の反応に大きく影響。

メリット

  • 効果的なコミュニケーション:メラビアンの法則を理解し適用することで、より効果的な人間関係の構築が可能。
  • 印象管理:視覚情報を意識することで、より良い第一印象を与えることができる。
  • 感情の伝達:聴覚情報を利用して、感情や意図を明確に伝えることができる。

デメリット

  • 誤解の可能性:非言語的手がかりに過度に依存すると、誤解を招く可能性がある。
  • 文化的違い:視覚や聴覚情報の解釈は文化によって異なるため、国際的なコンテキストでは誤解が生じやすい。

剣道を学ぶ際だけでなく、日常生活や仕事の場面でも、これらのポイントを意識することで、コミュニケーションの質を向上させることが可能です。視覚と聴覚、どちらも有効に使い分け、より豊かな人間関係を築いていきましょう。

オリジナル竹刀「彪雅」

『彪雅シリーズ』-『握り』と『右手小判』の独特な設計であなたの剣道を次のレベルへ導く

講演会/個人レッスンの受付を開始!

目標をイメージし、稽古して成長する。梶谷彪雅の直接指導で剣道を変える!

講演会/個人レッスンの詳細はこちら!

参加者一人ひとりのレベルや目標に合わせた指導をします。お問い合わせも受け付けています。
講演会/個人レッスンお問い合わせ

梶谷へのご支援をお願いします!

私は剣道の魅力を広めるためにYouTube活動を行っています。

また、講演会などを通じて、地域の剣道活動や支援にも取り組んでいます。

このような活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、ご支援をお願いします

 Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

是非、Voicyのスポンサーとなり、一緒に剣道を盛り上げて頂きたいと思います。

これからも、より良い配信を行えるように頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

Facebook
Twitter
LinkedIn

NEWS

最新ニュースやイベント情報を紹介します

上部へスクロール