剣道上達!梶谷彪雅 公式サイト

剣道で身長差を克服!小柄な選手の勝利戦略

Facebook
Twitter
LinkedIn
剣道で身長差を克服!小柄な選手の勝利戦略

Photo by Yuichi

今回は、剣道で身長差を克服!小柄な選手の勝利戦略というテーマでお話したいと思います。

今回の記事は、この記事では、剣道における反復練習の重要性と、脳科学に基づいた革新的トレーニング方法について解説します。剣道の技術向上を目指す方々に、体の使い方と不規則な動きに対応する練習法を提案します。

こんにちは、世界中で剣道を広めることを目指している剣道家、梶谷彪雅です!剣道の魅力をYouTubeで発信したり、講演会を開いたり、指導にも力を入れています。

今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#剣道世界普及を目指す梶谷彪雅の雑談ラジオ」で2024年5月11にお話しした内容から、編集して紹介させていただきます。

今回の記事を音声で楽しみたい方はこちら

Voicyスポンサーのお問い合わせについて

梶谷の剣道世界普及を応援してくれる方を募集しています。
剣道普及活動にしっかり役立てますので、以下のリンクからご応募をお願いいたします。

Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

剣道で身長差を克服!小柄な選手の勝利戦略

身長が小さいながらも勝つための基本戦術

剣道において、身長が小さい選手がどのようにして勝つかについてお話しします。まず、相手が攻めてきたと感じた瞬間に技を出してはいけません。この点は、剣道全体に共通する重要なポイントです。相手が攻めてきたと感じてから面を打っても、絶対に勝つことはできないので、この点をしっかりと意識することが大切です

効果的な面の打ち方と位置取り

面の打ち方について、まっすぐに打たずに、相手の左面(自分から見て左、相手から見ると右)を狙う方法をお勧めします。これにより、相手の竹刀の中心を割り、有利に戦うことが可能です。しかし、この打ち方には注意も必要で、自分の小手がガラ空きになるリスクがあるため、防御にも気をつける必要があります。

実践的練習方法と戦術の応用

実際の練習では、相手がどのように攻めてくるかを予測し、先読みして対策を立てることが重要です。特に、身長が大きい相手に対しては、遠間から攻撃を仕掛けたり、予期せぬタイミングで入ることが有効です。また、相手が攻撃を仕掛けたときには、抑えて面を打つことで、相手を遅らせることができます。これらの技術を練習し、実戦で活用しましょう。

以上が、身長が小さくても大きい相手に勝つ方法についてのお話でした。剣道では、相手に合わせず、自分から攻めることが勝利につながります。これからも、積極的に練習に励み、技術を磨いていきましょう。

それでは、本日も皆様にとって最高の一日になりますように。今日も一日、剣道の練習に励んでください。

まとめ:剣道で身長差を克服するための戦略

この記事では、剣道で身長が小さい選手がどのように大きな相手に勝つことができるかに焦点を当てました。ここで学んだテクニックを実践に移すことで、身長差を感じさせない競技力を身につけることが可能です。

  • メリット:
    • 相手の攻撃タイミングを読み、有効な対策が打てる。
    • 面の打ち方を工夫することで、中心を割って攻撃が可能。
    • 実戦での応用が効くため、状況に応じた戦術変更が行える。
  • デメリット:
    • 一部の攻撃方法は防御が手薄になるリスクを伴う。
    • 新しい技術の習得には時間と練習が必要。
    • 戦術の選択を誤ると、逆に相手に有利に戦われる可能性がある。

剣道において身長は一つの要素に過ぎません。今回紹介した技術や戦術を磨くことで、どのような相手にも対応できる自信と能力を身につけることができます。練習と試合で積極的にこれらの戦略を試し、自分のものにしましょう。

オリジナル竹刀「彪雅」

『彪雅シリーズ』-『握り』と『右手小判』の独特な設計であなたの剣道を次のレベルへ導く

講演会/個人レッスンの受付を開始!

目標をイメージし、稽古して成長する。梶谷彪雅の直接指導で剣道を変える!

講演会/個人レッスンの詳細はこちら!

参加者一人ひとりのレベルや目標に合わせた指導をします。お問い合わせも受け付けています。
講演会/個人レッスンお問い合わせ

梶谷へのご支援をお願いします!

私は剣道の魅力を広めるためにYouTube活動を行っています。

また、講演会などを通じて、地域の剣道活動や支援にも取り組んでいます。

このような活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、ご支援をお願いします

 Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

是非、Voicyのスポンサーとなり、一緒に剣道を盛り上げて頂きたいと思います。

これからも、より良い配信を行えるように頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

Facebook
Twitter
LinkedIn

NEWS

最新ニュースやイベント情報を紹介します

上部へスクロール