剣道上達!梶谷彪雅 公式サイト

剣道のフォーム最適化:膝の正しい曲げ方と伸ばし方

Facebook
Twitter
LinkedIn
剣道のフォーム最適化:膝の正しい曲げ方と伸ばし方

Photo by Yuichi

今回は、剣道のフォーム最適化:膝の正しい曲げ方と伸ばし方というテーマでお話したいと思います。

今回の記事は、この記事では、剣道における反復練習の重要性と、脳科学に基づいた革新的トレーニング方法について解説します。剣道の技術向上を目指す方々に、体の使い方と不規則な動きに対応する練習法を提案します。

こんにちは、世界中で剣道を広めることを目指している剣道家、梶谷彪雅です!剣道の魅力をYouTubeで発信したり、講演会を開いたり、指導にも力を入れています。

今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#剣道世界普及を目指す梶谷彪雅の雑談ラジオ」で2024年5月15にお話しした内容から、編集して紹介させていただきます。

今回の記事を音声で楽しみたい方はこちら

Voicyスポンサーのお問い合わせについて

梶谷の剣道世界普及を応援してくれる方を募集しています。
剣道普及活動にしっかり役立てますので、以下のリンクからご応募をお願いいたします。

Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

剣道における膝の正しい使い方:曲げるべきか、伸ばすべきか?

剣道における膝の正しい使い方:曲げるべきか、伸ばすべきか?

本題に入りますが、本日のテーマは「膝は曲げるべきか、伸ばすべきかどちらが良いのか」という点についてお話しします。

膝を曲げるタイミングと効果

結論から申し上げますと、完全に伸ばすのは無理だと思っていますし、曲げすぎるのも良くないと考えています。どのような時に膝を曲げ、伸ばすべきか、具体的な例としてジャンプの動作を挙げます。

ジャンプする際に膝や腰を完全に伸ばした状態で跳ぶと、全く飛べません。実際、膝を使わずにジャンプするのは非常に難しいです。そもそも、遠くに飛ぶこと自体に意識が向いていなければ、無理に飛ぶ必要はありませんが、曲げた状態で跳ぶのは、飛距離が出ないという問題があります。

膝を伸ばす瞬間の重要性

逆に、膝を大きく曲げてからジャンプすると、剣道での構えが見えてしまい、瞬間的に打たれる可能性があります。どの程度の曲げ具合が最適かは、ジャンプの例で言えば、膝をバネのように使うことが望ましいです。全日本選手権などで、膝が伸びきった状態の選手はほとんどおらず、国友選手のように左腰がしっかり入り、足が伸びている選手もいますが、多くはそうではありません。

年代別の剣道フォームの適応方法

剣道では、どの程度曲げるか、伸ばすかを探求することが重要です。特に、ジャンプ時には高く飛ぶことも大切ですが、それを過度に曲げすぎたり、伸ばしすぎたりすると、動きが鈍くなります。そのため、適度な曲げ伸ばしを見つけ出すことが、剣道を行う上での課題となります。

今後の剣道では、特に高段者としての技術や、年齢を重ねた際の動きの変化にも適応していく必要があります。高校生や中学生の剣道は、その年代に合わせた動きが求められるため、その点を踏まえた上で技術を磨いていくべきです。そして、大人になったら、どのようにして試合で勝つか、どのようにして技術を改善するかを考えることが大切です。

本日は、「膝を曲げるべきか、伸ばすべきか」というテーマでお話をさせていただきましたが、最終的な答えは個々に見つけるべきポイントにあります。どちらにも良い点があるため、自分に合った方法を見つけていただければと思います。私の考えを参考にしていただければ幸いです。それでは、今日も皆様にとって最高の一日になりますように。では、またお会いしましょう。今日も一生懸命頑張りましょう。

剣道における膝の正しい使い方:まとめ

剣道での膝の使い方:最適なバランスを見つける

今回のブログでは、「膝を曲げるべきか、伸ばすべきか」というテーマについて、具体的な動作例とその効果を詳しく説明しました。剣道では、膝の使い方がパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。以下にその概要とメリット、デメリットを箇条書きにしてまとめました。

  • 膝を曲げるタイミングと効果:ジャンプや攻撃時に適切に膝を曲げることで、より高く、または迅速に動けるようになります。
  • 膝を伸ばす瞬間の重要性:膝を伸ばすことで、構えが安定し、長い距離を効率よくカバーできる可能性があります。
  • 年代別の剣道フォームの適応:年齢や体力に応じて膝の使い方を調整することで、怪我のリスクを減らし、長く剣道を続けることができます。

メリット:

  • 膝の動きを最適化することで、全体的なパフォーマンスが向上します。
  • 適切なフォームによって、怪我のリスクを低減できる。
  • 年代ごとの最適なフォームに調整することで、長期的に剣道を楽しむことが可能になります。

デメリット:

  • 膝の使い方を誤ると、パフォーマンスが低下するだけでなく、怪我のリスクが増えます。
  • 特に高齢者や初心者は、過度な曲げ伸ばしにより関節に負担をかける可能性があります。

最終的な答えは、個々の体力やスキルに応じて異なりますが、適切な膝の使い方を見つけることが、剣道で成功するための鍵です。どちらにも良い点がありますので、自分に合った方法を見つけ、実践してみてください。それでは、今日も剣道の技術向上のために一生懸命頑張りましょう。

オリジナル竹刀「彪雅」

『彪雅シリーズ』-『握り』と『右手小判』の独特な設計であなたの剣道を次のレベルへ導く

講演会/個人レッスンの受付を開始!

目標をイメージし、稽古して成長する。梶谷彪雅の直接指導で剣道を変える!

講演会/個人レッスンの詳細はこちら!

参加者一人ひとりのレベルや目標に合わせた指導をします。お問い合わせも受け付けています。
講演会/個人レッスンお問い合わせ

梶谷へのご支援をお願いします!

私は剣道の魅力を広めるためにYouTube活動を行っています。

また、講演会などを通じて、地域の剣道活動や支援にも取り組んでいます。

このような活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、ご支援をお願いします

 Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

是非、Voicyのスポンサーとなり、一緒に剣道を盛り上げて頂きたいと思います。

これからも、より良い配信を行えるように頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

Facebook
Twitter
LinkedIn

NEWS

最新ニュースやイベント情報を紹介します

上部へスクロール