剣道上達!梶谷彪雅 公式サイト

剣道家梶谷彪雅が語る「嫌なら逃げろ」—人間関係と目標達成のバランス

Facebook
Twitter
LinkedIn
剣道家梶谷彪雅が語る「嫌なら逃げろ」—人間関係と目標達成のバランス

Photo by Yuichi

今回は、剣道家梶谷彪雅が語る,嫌なら逃げろ—人間関係と目標達成のバランスというテーマでお話したいと思います。

今回の記事は、剣道家梶谷彪雅が「嫌なら逃げろ」というテーマで、不健康な人間関係からの距離の取り方と目標達成の重要性について解説。読者にとって有益なストレス管理と自己成長のヒントを提供します。

こんにちは、世界中で剣道を広めることを目指している剣道家、梶谷彪雅です!剣道の魅力をYouTubeで発信したり、講演会を開いたり、指導にも力を入れています。

今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#剣道世界普及を目指す梶谷彪雅の雑談ラジオ」で2024年4月15にお話しした内容から、編集して紹介させていただきます。

今回の記事を音声で楽しみたい方はこちら

Voicyスポンサーのお問い合わせについて

梶谷の剣道世界普及を応援してくれる方を募集しています。
剣道普及活動にしっかり役立てますので、以下のリンクからご応募をお願いいたします。

Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

梶谷彪雅が教える「嫌なら逃げろ」:剣道から学ぶ人間関係の処理法

梶谷彪雅が教える「嫌なら逃げろ」:剣道から学ぶ人間関係の処理法

環境変化の必要性:いつ「逃げる」べきか?

梶谷彪雅は、皆さんが嫌な環境や人間関係に直面した時、それにどう対処するかを考えることが重要だと話します。特に、そのような環境があるなら、今すぐ逃げてもいいという点を強調しています。しかし、これは自分の目標に対して「嫌だから逃げる」という意味ではありません。

例えば、「本気で日本一になりたい」と考えている人が、練習が厳しいからと言って逃げるのは適切ではないですね。しかし、目指していた先生が人間的に問題があると感じたら、梶谷彪雅は「遠慮なく逃げてもいい」と提案します。

目標達成と人間関係のバランス

「一期一会」という言葉について話す梶谷彪雅は、目の前の人を大切にすることの意味を説明しますが、出会った人すべてを大切にするのは無理があるとも指摘します。特に、中学や高校で出会った先生の中には、合わない人もいるかもしれません。

そうした場合には、嫌なら逃げることも選択肢の一つだと梶谷彪雅は言います。これにより、自分自身の人生をより良く生きることができるようになります。

ストレス管理と集中力向上の技術

剣道の100本切り返しをしているときに「あの人は友達が嫌だな」と思いながら切り返しをすることはないと梶谷彪雅は話します。同様に、カラオケで歌うときも、嫌いな人のことを思い浮かべることはありません。

これを逆に考えると、嫌いな人のことを考えたり悩んでいる時間は、好きな人や大切な人のことを忘れてしまっているということです。そうすると、嫌な環境や人間関係で「この人と話すのが嫌だ」と感じる時間は、もったいない時間を過ごしていると言えます。

梶谷彪雅は、このような人のために寝る間を惜しんで悩んだりエネルギーを消費する必要は一切ないと強調します。そして、本当に大切な人と時間を使うことが、自分自身と大切な人のためだけにある時間を最大限に活用する方法だと教えています。

本当に嫌だと感じる時間があれば、逆にもっと大切な人との時間を使い、良い関係を築いていくことを梶谷彪雅は勧めています。

もし梶谷彪雅の言葉が皆さんにとって役立つと思われたら、ぜひこの記事をシェアしてください。そして、今日が皆さんにとって最高の一日になりますように。

まとめ:梶谷彪雅が教える「嫌なら逃げろ」の理念

まとめ:梶谷彪雅が教える「嫌なら逃げろ」の理念

梶谷彪雅は、剣道を通じて、人間関係の健全な管理と自己成長の重要性を説いています。以下に、彼のアプローチの概要、メリット、およびデメリットをまとめます。

まとめ

  • 不健康な環境からの適切な「逃げ方」を提案しています。
  • 目標に対しては逃げず、困難に立ち向かうべきだと述べています
  • 人間関係では「一期一会」の精神を大切にしつつ、すべての人との関係を保つことの難しさを認めています。

メリット

  • 精神的な健康が保たれる:ストレスを減らし、幸福感を増加させます。
  • 時間の有効活用:不必要な対人関係に費やす時間を削減し、大切な人との関係を深める時間に振り分けることができます。
  • 自己成長:ネガティブな影響を与える人々から距離を置くことで、自己実現に集中することが容易になります。

デメリット

  • 関係の断絶:「逃げる」ことが常に最善の策ではなく、一部の重要な人間関係が損なわれる可能性があります。
  • 避けがちな性格の形成:常に逃げることを選ぶと、困難に立ち向かう能力が低下する恐れがあります。
  • 誤解を招く可能性:他人が「逃げる」理由を正しく理解しない場合、誤解が生じることがあります。

梶谷彪雅の提案する「嫌なら逃げろ」の原則は、適切に理解して用いることが重要です。その際、自己の精神的な健康を優先し、本当に価値のある人間関係に投資することが求められます。

剣道の訓練だけでなく、日常生活においても、これらの原則を活用してより充実した人生を送っていただきたいと思います。

オリジナル竹刀「彪雅」

『彪雅シリーズ』-『握り』と『右手小判』の独特な設計であなたの剣道を次のレベルへ導く

講演会/個人レッスンの受付を開始!

目標をイメージし、稽古して成長する。梶谷彪雅の直接指導で剣道を変える!

講演会/個人レッスンの詳細はこちら!

参加者一人ひとりのレベルや目標に合わせた指導をします。お問い合わせも受け付けています。
講演会/個人レッスンお問い合わせ

梶谷へのご支援をお願いします!

私は剣道の魅力を広めるためにYouTube活動を行っています。

また、講演会などを通じて、地域の剣道活動や支援にも取り組んでいます。

このような活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、ご支援をお願いします

 Voicyスポンサーに興味がある方はこちら

是非、Voicyのスポンサーとなり、一緒に剣道を盛り上げて頂きたいと思います。

これからも、より良い配信を行えるように頑張りますので、引き続き応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

Facebook
Twitter
LinkedIn

NEWS

最新ニュースやイベント情報を紹介します

上部へスクロール